酒で憂さ晴らしは逆効果になる?

スポンサードリンク

 

仕事やプライベートで、むしゃくしゃしたとき、
あなたは、何で憂さを晴らしていますか?


仕事帰りに、ちょっと一杯!とか、家庭で晩酌など・・・
お酒の力を借りるという話はよく聞きます。


でも、これは、逆効果になっているという研究発表がありました。


憂さ晴らしどころか、かえって、それを助長しているようです。


読売新聞 - goo ニュースによると、


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


酒で憂さ晴らしは逆効果?東大教授がラットで実験


憂さ晴らしに、酒の力を借りるのは無駄かも−−。
東京大学の教授(薬品作用学)らが28日、そんな研究結果を発表した。

ラットを使った実験で、薄れかけた恐怖の記憶をアルコールが
鮮明にする役割を示したという。成果は米国の専門誌に掲載された。

松木教授らは、ラットをふだんの飼育環境と違う箱に移し、
電気ショックを与えた。いったん通常の飼育環境に戻し、翌日、
恐怖を与えた箱に戻した。ラットが箱の中でじっと動かない時間の長さから、
「恐怖記憶」の度合いを測った。

再び箱に入れて恐怖記憶を呼び覚ましたラットを2グループに分け、
片方にアルコールを飲ませた。すると、酔ったラットは、しらふのグループより、
箱の中でじっとしている時間が長くなった。
恐怖記憶が、アルコールによって強められたと考えられるという。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*




スポンサードリンク

実際に、酒で憂さ晴らしをしている人にとっては、この研究は、
「これは、ラットだから、人間は別!」という反論があるかもしれませんね。


記憶は、いったん固定され、また思い出して不安定な状態になった後、
再び固定されるという過程を繰り返して、徐々に薄まっていくそうです。


深酒のときの記憶があいまいなように、記憶を獲得した時の
アルコールは記憶を阻害する働きがあるのですが、再固定のときでは
アルコールによって逆に強められるという効果があるのだそうです。


嫌なことを忘れる奥の手は、記憶がまだおぼろげなうちに、酒を飲まずに
楽しい記憶で上書きしてしまうことだそうですよ!


東大教授も、酒に頼らない忘れ方を勧めていますので、
あなたの憂さ晴らしの方法も変えてみませんか?


こんな方法もあります。


ストレス解消自己催眠
ストレス解消自己催眠
早稲田出版
price : ¥1,260
release : 2007/11

瞑想バイブル (GAIA BOOKS)
瞑想バイブル (GAIA BOOKS)
産調出版
price : ¥2,730
release : 2008/02/15

人の心に安らぎを与え、癒してくれる本

 怒るつもりはないのに、つい怒ってしまうことがあります。日常はストレスになることがあまりにも多いですね。自分自身を持て余しているとき…(何かにすがりつきたくて)
 ふと、この本を手にすると、こんなことが書かれていました。

瞑想の多くは伝統的な座姿勢で行うのがおすすめです(23頁)
瞑想は体の中心軸を定め、心を落ち着かせる効果があります(48頁)
すみずみまで目と心を配れるようになる瞑想に挑戦する(92頁)
心をこめて相手の話に耳を傾けられるようになる瞑想です(106頁)
相手の目をじっとのぞきこむ体験はすばらしい瞑想行になります(126頁)

【神の存在】神がいる手ごたえが感じられず、どうか存在を知らしめてくださいと祈ったことはありませんか。しかしどんな神の像を心に描いたとしても、神は常に遍在しているのです。現代の大きな迷妄の一つは物質主義、つまり五感で確かめられるものだけが真実だとする考え方てす。これは神の実在をあらためて確認するための瞑想です(378頁)…これがほぼ結論になっているでしょうか。 
 


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.