寝不足、寝過ぎで生活習慣病に?!

スポンサードリンク

 

寝不足が肥満に影響していると言うことは今までにも言われてきました。


睡眠不足になるほど、肥満しやすい!?:最新健康情報

しかし、睡眠時間が長すぎるというのも生活習慣病になる危険性が高いとの
統計結果が発表されました。


2008年3月12日時事通信 - goo ニュースによると。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

寝不足、寝過ぎで生活習慣病=肥満や高血糖と関連


寝不足や寝過ぎは、動脈硬化につながる高脂血症、高血糖、肥満といった生活習慣病に
なりやすいことが12日、日大医学部の疫学研究で分かった。
「良い睡眠は生活習慣病の予防に重要」としている。


(1)2005年の地域住民の健診データ約1000人分
(2)03年国民健康・栄養調査データ約4000人分
(3)職場健診のデータ約2万2000人分

これらを分析、睡眠時間と高血糖などとの関連を調べた。


その結果、住民健診では血糖レベルを表す「HbA1c」の値が、睡眠6時間未満と
8時間以上で高かった。
また、国民健康・栄養調査では、女性の場合に中性脂肪が睡眠6〜7時間で最も低く、
それより短いか長いほど高かった。
動脈硬化を抑制する働きがある「善玉コレステロール」の値は、6〜7時間で
最も高い傾向を示した。 

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*




スポンサードリンク

睡眠時間が短すぎるのはよくないとはわかっていたけど、
長すぎるのもよくないとは、意外でした。


睡眠の質など個人差はあるでしょうが、生活習慣病の予防のためには、
睡眠時間が6〜7時間がベストのようです。


私は6時間以下の時が多いので、気をつけてとるようにしなくちゃ!


もっとも、家族があきれるほど、「お休み2秒」で爆睡してしまうので、
足りているかもしれませんが・・・(笑)


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.