パソコン&ケータイの長時間使用は気をつけて!

スポンサードリンク

 

パソコンや携帯電話は、いまや、生活必需品になっていますね。

でも、どんなに便利なものでも、使いすぎは知らず知らずのうちに心と体に悪影響を与え、
精神神経的な疲労がたまり、集中力・持続力がともに低下し、ついには、
人とのコミュニケーションがとれなくなることもあるとか・・・・

終日、パソコンに向かっていることの多い私には、
耳が痛い記事がありました。

goo ヘルスケアによると


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

使いすぎは知らず知らずのうちに心と体に悪影響

日常生活に支障が出たら「テクノ依存症」かも

パソコンやケータイは、いまや生活必需品、これなしでは生きていけないという人も珍しくありません。しかし、どんなに便利なものでも、使いすぎたり頼りすぎたりしていると、思わぬ落とし穴にはまってしまいます。

毎日、長時間にわたってパソコンに向かったり、ケータイのメールやゲームに夢中になって、目が疲れたり痛くなったりしていませんか? 頭痛、肩こり、腰痛、腕のしびれなどが続いていませんか? 深夜までインターネットやメールに熱中してしまい、翌朝起きられずに仕事や学校に遅刻してしまったということはありませんか? あるいは、イライラする、ケータイが手もとにないと不安になる、人と話をするのが面倒だと感じるといったことはないでしょうか?

ここに挙げた症状のすべてではなくても、いくつか思い当たることがあるとしたら要注意。体調が悪くて仕ごとや勉強に集中できない、職場の同僚などと気まずくなって人づきあいがうまくいかなくなるなど、日常生活に支障が出たら「テクノ依存症」かもしれません。

テクノ依存症は、仕事でもプライベートな時間でも「パソコンやケータイを手放せない」、「それがないと不安」という人たちに多くみられます。いまのままの生活を続ければ、症状は慢性化して治りづらくなり、対人関係が築けずに十分な社会生活を送ることができなくなってしまうこともあります。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*




スポンサードリンク

パソコンやケータイを長時間使い続けると、目にはかなりの負担がかかります。

ここ数年、パソコンやケータイの長時間使用が原因と思われる眼精疲労、ドライアイが
急増しています。目が痛い、疲れる、乾くといった症状で気づくことが多いようです。

何しろ、近くのディスプレイをあまりまばたきもしないで見つめ続けるのですから。


しかし、負担がかかるのは目だけではなく、同じ姿勢で使い続けるので、首や肩、
腰などの筋肉は緊張状態が続き、コリが起こります。
頸肩腕(けいけんわん)症候群や慢性疲労になることもあります。


最近問題になっているのが、心への影響。
行動やものの考え方がデジタル的になって、対人関係にひびが入ったり、
通常の社会生活が営めなくなっている人が増えているのだそうです。


テクノ依存症に陥っている人は、身も心もグッタリ疲れているのに、
なかなか自分では気づきにくいものです。


テクノ依存症を防いだり、改善したりするには、何よりも長時間使い続けないこと!
パソコンを使った作業は1日5時間程度に抑え、1時間に1回、10分程度は
休憩をとって目や神経を休めることが大切です。


背伸びや前屈などのストレッチ体操をすると、
肩や腰、腕などの血行を改善し、コリをほぐすことができますよ。


あなたは、「テクノ依存症」なっていませんか?

そのまま、放っておくと、大変なことになるかもしれませんよ〜〜!


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.