成人の百日ぜきが急増中?!

スポンサードリンク

 

昨年は今の時期、大人の麻疹の流行が叫ばれていました。

  はしかが大学生の間で流行。


麻疹の自然感染が減り、赤ちゃんの頃に受けた予防注射の効力が衰えたために
大学生くらいになって発病したケースが多かったのです。

麻疹は、予防注射を2回にするということで対処できたようですが、
なんと、今年は、大人の百日ぜきが流行しているようです。


2008年4月29日(火)* 時事通信によると、


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


成人の百日ぜきが急増=2000年以降最多、今後に注意


しつこいせきが続く「百日ぜき」の患者が増加傾向にあり、2000年以降で
最多となっていることが29日までに、国立感染症研究所のまとめで分かった。

乳幼児の病気と考えられてきたが、成人患者の割合が年々増え、今年は全体の
4割弱を占める。専門家は「今後の推移に注意が必要」としている。

百日ぜきは長引く発作性のせきが特徴で、生後6カ月以下の乳児では無呼吸発作や
肺炎、脳症などを起こし、死亡することもある。

三種混合ワクチンの導入・普及で患者は激減したものの、今でも発生している。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*




スポンサードリンク

百日せきは、乳幼児期に三種混合ワクチンを受けるようになっています。

   子供の予防接種(BCG、ポリオ、三種混合)


百日せきは、文字通り、特有の激しいせきがずっと続き、肺炎を併発したり、
最悪の場合には呼吸が止まったりすることがある病気です。

百日せきが流行しているということですので、もし、しつこい咳があるようなら
早めに、耳鼻科か内科を受診してくださいね!!


私も先週、のどが凄くいたくて、つばを飲み込むのもやっとでした。
耳鼻科を受診したら、「のどが真っ赤です。溶連鎖球菌の感染症ですね。」
と言われ、薬をいただいて飲んだら、楽になりました。


百日せきでなくてよかったです。
でも、今は抵抗力が落ちているときですから、人込みは避けようと思っています。


<PR>

子供の予防接種(麻疹、風疹、日本脳炎、水疱瘡)
おしゃぶりと歯並び
インフルエンザの予防接種


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.