メタボ対策、30代で低調

スポンサードリンク

 

4月からメタボ検診が始まりましたが、
「メタボリックシンドローム」という知識はあっても、
実際に対策をしている人は、まだまだ少ないようです。


5月7日 ヤフーニュースによると


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

 内閣府が5月7日までに集計した「食育に関する意識調査」の結果によると、「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)の意味まで知っていた人の割合は、昨年3月の前回調査から10.3ポイント増え、87.6%と全体の9割近くに達した。一方、メタボリックシンドロームの予防・改善のための食事や運動を半年以上継続している人の割合は、男女共に30歳代が最低だった。

 調査は2月28日から3月9日にかけて、全国の成人男女3000人を対象に実施。メタボリックシンドロームの認知度や予防・改善策の実践状況、食育への関心度などを面接方式で聞いた。

 調査結果によると、メタボリックシンドロームの意味をよく知っていた人が58.5%、大体知っていた人が29.1%で、両者を合わせると、全体の87.6%がメタボリックシンドロームの意味まで理解していた。

 また、メタボリックシンドロームの予防・改善のための食事や運動を半年以上実践している人の割合は、全体の30.3%だった。これを男女別・年齢別に見ると、男性では70歳以上が46.8%で最も多く、30歳代では16.2%。女性では60歳代が45.7%でトップ、30歳代では12.7%にとどまった。

 このほか、食生活に悩みや不安を感じている人の割合は44.3%だった。男女別では、男性の32.7%に対し、女性では53.2%と半数を超えた。悩みや不安の具体的な内容としては(複数回答)、全体の81.0%が「食品の安全性」を挙げている。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*




スポンサードリンク

メタボの対策をしていない人は、メタボリックシンドロームの本当の怖さを
知らないのでしょう。

若いと自分が歳をとったときの姿なんて想像できないでしょうから・・・


私の父は、メタボリックシンドロームにずいぶん苦しめられました。
身体の機能が一つずつ、もぎ取られていくように効かなくなりました。
そうなってからでは、もう手遅れなのです。


あなたの生活習慣や食生活の乱れを改善して、メタボと縁を切りましょう!!


ジョーバ 楽々ダイエット
眉毛のきれいな整え方
小顔ストレッチ法と小顔グッツ
乾燥肌のかゆみ対策と治療法


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.