化粧品から薬並みのステロイドが!

スポンサードリンク

 

通販で販売されている商品は、十分気を付けて!!


もちろん、通販で販売されている商品がすべて悪いわけではありませんが、
「ステロイド不使用」をうたい通信販売されていた化粧品から、
医薬品並みの濃度のステロイドが検出されたことがわかりました。


7月30日 産経新聞によると


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

 「ステロイド不使用」をうたい通信販売されていた化粧品から、医薬品並みの濃度のステロイドが検出されていたことが今月、明らかになった。東京都は「薬事法違反で、健康被害が出る恐れがある」として、商品の回収と販売中止を指示した。化粧品は全成分表示が義務づけられているとはいえ、正しく
表示されているかどうかの確認は業者側に任されている。

消費者が購入前に実際の成分について知るすべは事実上なく、被害をどう防ぐかが課題となっている。

この商品は販売会社「ラバンナ」(東京都新宿区)が、今年3月から通販などで売っていた化粧品クリーム「NOATO(ノーアト)クリーム」。

米国から輸入していたという。インターネットの口コミサイトなどで「ステロイドが入っていないのにアトピーの肌がよくなった」と人気に火がつき、約4カ月間で5691個を売り上げた。

 同社の商品紹介サイトでも「ステロイド剤などの成分は一切含まれておりません」としていたが、国民生活センターが調査したところ、プロピオン酸クロベタゾールというステロイドの一種が検出された。このステロイドは、5段階に分けられているステロイドの効果で最強ランクに属し、医師の処方箋(せん)がないと使えない医療用医薬品とほぼ同一の含有量だった。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*



スポンサードリンク

私もネットで商品を購入するときには、口コミ情報やレビューを参考にします。


今回の商品も口コミを信じて購入した人が多かったようですが、
「口コミはあくまでも個人の感想なので、内容を指導するのは難しい」そうです。


特に、健康食品やサプリメント、化粧品など、飲んだり、体に直接付けるものについては健康被害に遭う危険性がありますから、口コミ情報に惑わされることがないように、気を付けましょう。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

出光のカードまいどプラス
ケアマネの受験資格
じぶん銀行 開業
介護福祉士 国家試験
マンスリーレオパレス


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.