「熱中症」屋内でも多発!

スポンサードリンク

 


蒸し暑くなると多くなるのが熱中症です。

最近は、地球温暖化や都市部の気温が高くなる「ヒートアイランド現象」の影響で「熱中症」の危険性が高まっています。熱中症は重症になると死に至る病気です。予防法や応急措置の方法をしっかり学んでこの夏を乗り切りましょう。


2008年7月11日 毎日新聞によると


 
 ◇気温35度超すと危険

 ・めまい→体冷やし水分、塩分

 ・吐き気→すぐに病院へ搬送


熱中症の症状

熱中症とは、暑さで体温を一定に保てなくなり、体内の水分や塩分のバランスが崩れて異常が表れた状態のことです。
「熱失神」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」とも呼ばれるが、怖いのは、医師でも緊急性が区別しにくいことです。

このため、現在では軽い症状から順に1、2、3度と分類されています。


 <熱中症の重症度と対処法>

1度の症状と対処法

●症状              

めまい、立ちくらみがある    
筋肉のこむら返りがある(痛い)
ふいても汗が出てくる

●対処法

水分、塩分を補給する(塩分も補えるスポーツドリンクが最適)

★2度の症状と対処法

●症状

頭ががんがんする(頭痛) 
吐き気がする・吐く  
体がだるい(けん怠感)

●対処法

足を高くして休む
水分、塩分をとる(自分でとれなければすぐ病院へ)

★3度の症状と対処法

●症状

意識がない         
体がひきつける(けいれん)  
呼びかけに対し返事がおかしい    
まっすぐに歩けない・走れない
高い体温である

●対処法

水や氷で冷やす(首、脇の下、足の付け根)
すぐに救急隊を要請



スポンサードリンク

高齢者に注意

高齢者は冷房が苦手だったり、もったいないとかけないことが多い。また高齢者だけでなく、5歳以下や肥満の人、睡眠不足の人は周囲の環境への適応力が落ちているので、体温の上昇に気づかないことも多く特に要注意です。夏に急に食欲が落ちたら、熱中症を疑ってください。

熱中症は屋外で起こると考えられがちですが、室内で全患者の約3割、重症者の約6割が発症しているのです。
熱中症のために年間300〜400人が亡くなっています。最高気温が35度を超えると、熱中症のリスクが高くなり、1日では気温が高くなる午前11時〜午後3時が危険時間帯です。

エアコンを使って室温のコントロールをしましょう。



Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.