カレーに記憶力のもと?!

スポンサードリンク

 

暑い夏に定番のメニューはなんといっても「カレー」ですよね。
また、カレーは子供達にも人気のメニューです。

実は、このカレーにすごい効力があることがわかったそうです。


2008年8月24日 毎日新聞によると


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

カレーのスパイス「ターメリック」(ウコン)に含まれる成分から、記憶力を高める化合物を、武蔵野大と米ソーク研究所が合成した。動物実験の段階だが、将来、認知症の治療などに役立つ可能性があるという。

この成分は「クルクミン」と呼ばれ、生薬としても用いられるショウガ科の多年草「ウコン」の黄色色素。アルツハイマー病の原因とされる異常たんぱく質ベータアミロイドが脳内に蓄積するのを防ぐ作用を持つことが知られている。

研究チームが調べたところ、クルクミンは神経細胞の損傷を抑えられるが、記憶力向上までの効果は確認できなかった。

そこで、クルクミンの化学構造を変えたさまざまな化合物を合成。ラットから記憶の形成にかかわる脳の「海馬」を摘出、薄くスライスして組織が生きた状態が保たれたままにして、これらの化合物を加えた。その結果、「CNB―001」と名付けた化合物が、細胞間の情報伝達の効率を高め、その状態を持続させることが分かった。

また、この化合物を飲ませたラットは前日に見せた物体を記憶していたのに対し、飲ませなかったラットは覚えていなかった。この化合物が、記憶をつくるスイッチとして働く酵素を活性化していることも判明した。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*



スポンサードリンク


武蔵野大の教授によるとこの化合物は、海馬の働きを直接活発にしているそうです。


インドのひとたちは、よく頭がいいとよく言われますが、
カレーを常食としているからでしょうか・・・ね。


ところで、あなたのご家庭のカレーにはどんなものを入れますか?

ちなみに、我が家の夏バージョンのカレーは「夏野菜カレー」
定番のジャガイモは入れないで、ナスとセロリを入れます。

さっぱりとした食感とセロリの香りが残っていてとても好評なんですよ。

それと、ひと味。加えるのが、★フェヌグリーク スパイス

このフェヌグリークは京大の教授によるとダイエット効果やメタボ対策にも効果ありとされています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
フェヌグリークでダイエット


ぜひ、試してみてくださいね。



Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.