朝バナナダイエットの効果

スポンサードリンク

 

9月19日にTBS『ドリーム・プレス社』では、ダイエット特集D-1コンテストをやっていました。ダイエットに関心がある方はきっとご覧になっていたでしょう。でも、4時間はちょっときつかったかも。

番組をご覧になれなかった方のために、簡単に紹介しますね。

D−1コンテストとはダイエットワンコンテストの略で、番組企画のダイエット版の大会で、過去にドリームプレス社が特集してきたダイエット法の集大成4時間スペシャルです。

ドリームプレス社で過去放送されたダイエット法は、、

1.森三中の村上知子(レコーディングダイエット+ダイエットレシピ)
2.森三中の黒沢かずこ(伊達式食べ合わせダイエット)
3.大島美幸、ヒロミ(加圧トレーニング)
4.クワバタオハラ くわばたりえ(コアリズムで腰振りダイエット)
5.ハリセンボン 近藤春菜(骨盤ラクラクウォーキング)

今回は過去のメンバーに加えて、3人増え、D−1コンテストの出場者は8名に!

6.はるな愛(リンパマッサージで痩身)
7.まちゃまちゃ(自転車ダイエット)
8.森久美子(朝バナナダイエット)


数ある中で、あなたはどれに興味ありますか?

この放送後、みんなが挑戦してみたいと思ったのが、森公美子さんが試していた朝バナナダイエットだそう。
翌日から、スーパーのバナナ売り場からバナナが消えました。
いつもはどっさりあるバナナなのに、こんな現象はみのもんたの『おもいっきりテレビ』以来かもしれません。(笑)


確かに、「朝バナナダイエット」が一番安くてしかも簡単そうですね。みんなが飛びつくのはよくわかります。


朝食をバナナと常温の水にして、寝る4時間前は食べない、という基本ルールさえ守れば、あとは何を食べてもオッケー!なのですから、誰でもやってみたくなりますよね。

そこで、朝バナナダイエットのやり方と効果、失敗などについて調べてみました。




スポンサードリンク

バナナにダイエット効果があるのか?

女性が太る原因に「むくみ」や「冷え」があります。これは、塩分の多い食事を続けることで体内の水分バランスが乱れ、細胞が水ぶくれ状態になることが原因と言われています。

塩分過多の解消法としてはカリウムを摂取することが重要となってきますが、バナナにはこのカリウムが豊富に含まれているので、効率よくナトリウムを排出してくれるので、「むくみ」や「冷え」が改善されるのです。

バナナの7割は水分であることと、腸を刺激して便が出やすくなる食物繊維も豊富なことから、バナナを食べると便秘にも非常に効果的。

また、バナナにはダイエットに必要な酵素が入っています。酵素以外にも、ダイエットの天敵である脂質や糖質の代謝を促してくれるビタミンB群も豊富に含まれいるため、ダイエットや便秘の解消にも効果があるといわれているのです。


朝バナナダイエットのやり方


朝バナナダイエットのやり方を具体的に説明しますね。

朝食としてバナナを食べますが、生のバナナはいくらでも食べていいです。
新鮮な生バナナの方が、酵素がきくので効果が高いようです。熱を加えると酵素が壊れてしまいますから、生バナナを食べてください。

ただし、よくかんで、きちんとお水も飲んでください。

朝バナナダイエット中、基本的には気を使わなくていいので、食生活は、基本的に自由です。
昼食は普段どおり好きなものを食べても大丈夫!おやつはOKです。

でも、夜は、食べるのは8時までです。

そして、最後に、一日中うごいている内臓の調子を整えるため、夜はしっかり睡眠をとるということ。

   朝バナナダイエットのやり方 より 引用
   
これさえ実行すれば、朝バナナダイエットは、確実に成功へ向かうと言われているのですが・・・


朝バナナダイエットの失敗

本当に、朝バナナダイエットは、簡単で、結果がでやすいので成功している人が多いダイエット方法です。

しかし、簡単で単純ということが、逆に飽きやすいということでもあります。朝バナナダイエットの失敗例の多くが飽きて続けられなかったということです。

具体的に失敗した方の事例を見てみると、

夜型の生活をしている。
仕事でストレスがあり、いつも疲れている。
お酒の量が多い。
おつまみが多い。
タバコが好き。
おやつに果物以外のものをたくさんたべてしまう。
そして、結果がなかなかでないので、早い段階でやめてしまう。

このような理由が多いようです。

朝バナナダイエットの成功へ道は、生活のリズムを整え、気長に、確実に実行していくということのようですね。


   朝バナナダイエット より 引用

   

下半身痩せダイエット
半身浴でダイエット
ゲルマニウムスリムローラーの使い方


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.