はしかワクチン、追加接種率が低迷

スポンサードリンク

 

はしかは昨年春頃に10〜20歳代の若者を中心に大流行しましたね。
休講になる大学もたくさんありました。


  ★はしかが大学生の間で流行。
   http://blog2.doremi3.com/2007/05/post_99.html


そこで、厚労省は、過去に1回しか接種を受けていない9歳以上の人に2回目の接種機会を設けるために追加接種を始めたのですが、接種率が低迷しているようです。


2008年9月3日朝日新聞によると
http://www.asahi.com/health/news/TKY200809030258.html


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

はしかワクチン、追加接種率が低迷 18歳は29%

 はしか(麻疹)予防のため、13歳と18歳を対象に厚生労働省が4月から実施している追加予防接種の接種率が低迷していることがわかった。追加の接種率95%以上が流行予防の目安とされるが、6月末までの接種率は13歳が38.8%、18歳は29.6%とほど遠い。

 調査結果は3日の麻疹対策推進会議で報告された。都道府県別で、13歳の接種率が最も高かったのは茨城の71.2%。一方、宮崎、鹿児島など8府県が20%台と、地域間で大きな差があった。18歳では、佐賀県だけが52.1%と5割を超え、約半数が2割台以下と低迷している。

 はしかに対する免疫力を高めるには、2回のワクチン接種が有効とされる。昨春に10〜20歳代の若者を中心に大流行し、厚労省は、過去に1回しか接種を受けていない9歳以上の人に2回目の接種機会を設けるために追加接種を始めた。同省は今後、学校や市町村を通じて呼びかける。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*



スポンサードリンク

はしかは感染すると咳がひどく重症になりやすい病気ということと、怖いのは、中耳炎や気管支炎、脳炎などを合併症を併発し障害が残る恐れもある病気です。

子供の予防接種(麻疹、風疹、日本脳炎)


お子さんやお孫さん、お知り合いの方で該当される方がいらっしゃったら、予防接種をおすすめください。

毛穴引き締め方法
プラセンタの効能
脂性肌の改善
電動車椅子 レンタルか中古か
太陽光発電の助成金、補助金


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.