胃薬の使い分け

スポンサードリンク

 

これからの年末年始は暴飲暴食になる機会が増えますね。

つい飲み過ぎた。ついつい食べ過ぎた。胃がもたれるなど
胃腸の不快感を覚えることがあるでしょう。

そんな時の、胃薬は頼りになります。


ところが、この胃薬にはいろんな種類があるってこと知ってましたか?

症状に合わせて飲まないと、逆効果になることも!!


2008年11月21日 読売新聞によると


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


多様な薬 使い分けを


 胃の不調を薬でしのぐ人も少なくない。薬局には様々な胃薬が並んでいる。

薬のタイプを知って使い分けて。特に持病があってほかの薬を飲んでいる人は、胃薬との相互作用に注意を。

胃薬がほかの薬の効きに響くことがあるからだ。

例えば、空腹時や夜間の胃の痛みやむかつきに効くのが、胃液を抑える薬。大別すると、胃酸を炭酸水素ナトリウムなどで中和する「制酸薬」と、胃液を分泌する細胞に働く「H2ブロッカー」と呼ばれる薬のタイプがある。

制酸薬成分のうち、炭酸マグネシウムやケイ酸アルミニウムなどは、抗菌剤の効き目を弱めてしまう。たとえば、ぼうこう炎で抗菌剤を服用する人が胃薬を飲むと、せっかくの抗菌剤の効果がでないことがありうる。抗菌剤は、副作用で胃腸障害を起こすことがあり、自己判断で胃薬を併用する人も多いため、注意が必要だ。

また、H2ブロッカーの胃薬の一部に含まれる「シメチジン」という成分は、胃酸を抑えるだけでなく、体内での薬の分解も抑制するため、ほかの薬の効きにも影響しやすい。睡眠薬を飲むと効き過ぎてしまう。

H2ブロッカーは、よく効くが、3日間飲んでも治らない場合は医療機関へ。繰り返して飲まなければならないほどの痛みには、潰瘍(かいよう)などの病気が隠れていることが多いからだ。

そのほか、胃腸薬には、胃粘膜の保護や修復を促進する「胃粘膜保護薬」、消化を助ける「消化酵素製剤」、生薬を中心として胃腸を刺激する「健胃薬」や「総合胃腸薬」などがあり、使い分けたい


 薬局で胃薬を選ぶときの目安は?詳しくはこちらで


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*




スポンサードリンク

胃薬こんなにいろんなタイプがあるとは知りませんでした。


我が家の薬箱には、1種類の胃薬しかはいっていないしσ(^◇^;)


病院を受診するほどでないと思って、市販薬を購入するときには、
薬剤師に相談することが大切なようです。


どのような時に、どんな症状が、どこに表れたかを正確に伝えて、
症状に合わせた胃薬を選んでもらいましょう。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*
中性脂肪と食事
中性脂肪予防にお茶
中性脂肪予防と食用油
中性脂肪を減らすアロマテラピー
中性脂肪とアルコール


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.