入浴事故にご注意を 

スポンサードリンク

 

暦の上では立春を過ぎましたが、まだまだ寒さの厳しい季節です。


冬に多い入浴事故についての記事がありましたので紹介します。


入浴前後には激しい温度差で血圧も急変動するため、
脳出血や脳貧血を起こす可能性があるのです。


その予防法とは?


2009年2月4日産経新聞によると


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

入浴事故にご注意を 激しい温度差…血圧も急変動


 寒い時期に入浴中の死亡事故が増えるのは、急激な温度変化と水圧変化により、血圧が急変動するためだ。

 「脱衣所が寒いと、服を脱いだときに血管が締まり、血圧が上がる。それが、風呂に入って温かくなると、逆に血管が広がる。その後、風呂からあがると水圧もなくなるため、血圧が下がる。つまり、血圧の振幅が激しくなって体への負担が増すわけです」


1.帰宅後すぐは「×」

 急に血圧が上がれば脳出血で死亡する恐れもあるし、逆に急激な血圧低下が起こると、脳貧血を起こし浴室で滑っておぼれたり、けがをしたりする危険性もある。寒い外から帰ってきて、いきなり熱い風呂に入るのは危険。


2.室温差をなくす

寒い時期に最も気をつけたいのは、脱衣所、浴室などを暖め、居間との室温差をなくすこと。

 対策として、ガス会社やガス器具メーカーが推奨しているのが、浴室暖房乾燥機の設置だ。脱衣所や洗い場を暖かくすることで、入浴時との温度差を減らし、体への負担を和らげることができる。


 日本温泉気候物理医学会
  

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


部屋は暖房していても、洗面所や浴室の暖房はなかなかできませんね。


そこで、我が家のリフォーム時に浴室と洗面所に洗面所暖房機[三乾王][洗面所用]を設置しました。

寒い日も入浴前に暖房のスイッチを入れておくと、寒くありません。

今は孫娘を沐浴させているので、暖かいのでとても重宝しています。
それから、洗面所で洗濯物も乾かすことができ、一石二鳥です!!

購入を考えていらっしゃるなら、ぜひお勧めです!!


ただ、この不況ですから、浴室暖房乾燥機を導入する以外の方法として、
入浴前にシャワーを出しておいて、浴室内を暖めておく方法があります。


一番風呂は気持ちいいのですが、浴室が寒いのが難点です。


そこで、湯船にお湯をためるときに、途中からはシャワーを使ってためると
貯めている間に浴室が暖まるので効率的です。


ただし、シャワーを止めると浴室の温度が下がってきます。
すぐに、入浴してくださいね!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.