「惜しい負け」はギャンブル欲を高める?!

スポンサードリンク

 

最近、近くのパチンコ店がリニューアルされ、
平日の日中にもかかわらず、連日、駐車場には多くの車があります。

私の友人(主婦)どうやら、そこの常連さんみたい・・・(^_^;)

私「儲けてるの?」

彼女「途中!すごくいい感じだったのよ。結局は損したけど」とニコニコ。

私はギャンブルはしませんが、どうやら、ギャンブルには特別な魔法があるようです。


2009.2.23掲載 ヘルスデージャパンによると


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


“惜しい負け”はギャンブル欲を高める

ギャンブルでの惜しい負けは、負けても勝ちに関連する脳内の回路の大部分が刺激され、ギャンブルに対する意欲の高まることが、英国の研究者らによって示された。

医学誌「Neuron(ニューロン)」2月12日号に掲載された研究で、英ケンブリッジ大学行動臨床神経科学研究所のLuke Clark博士らは、惜しい負けとその現象のコントロール状況を論理的に解明するために一連の実験を実施。fMRI(機能的磁気共鳴画像)を用いて、このような認知の歪(ゆが)みの背景にある脳のメカニズムを検討した。

研究の結果、惜しい負けでは、勝ちによって活性化する領域の腹側線条体(ventral striatum)や前島(anterior insula)が有意に活性化することが判明した。また、前島の活動と問題賭博との間に有意な関連性も認められた。前島は常習行為と関連することが以前に報告されている。被験者は惜しい負けは完全な負けよりも不快だとするものの、ギャンブルを続けたいという欲求は高まっていた。ただし、これは、ギャンブルを行う際に自分が状況をコントロールできる場合に限られていた。

Clark氏は「ギャンブルをする人は、惜しい負けをギャンブルの継続を促す特別な出来事としてとらえることが多い。今回の研究で、惜しいところで負けると、実際は負けていても脳は勝ったように反応することが示された。心理学的解釈と神経生物学的解釈とを関連づけることで、社会で見られるギャンブル行動や、ギャンブルが常習的、病的になることに対する理解が深まった」としている。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


確かに・・・惜しい!という思いは「次こそ!できる」に繋がるのでしょうね。


でも、くれぐれもギャンブルの魔力に負けないように!!
ギャンブルが常習的、病的になってしまったら大変です。


毎回、宝くじを買い求める人もそうなのかもしれません。

「1等が当たったら、車買ってあげるね!」

今まで、最高当選金が1万円の妹のいつものせりふです。(笑)




スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.