高校生4割、生活習慣病の予備軍に?!

スポンサードリンク

 

以前は成人病と言われていた、高血圧や高中性脂肪、高血糖が
若年層でも見られるようになり、名称が生活習慣病に変えられましたね。


厚生労働省研究班の調査でわかった、現在の状況は・・・というと、


なんと!高校生の4割超が、高血圧や高中性脂肪、高血糖など何らかが
基準値を超え、生活習慣病予備軍になっているのです。


一番はつらつとして元気なはずの高校生なのに、
なんとかしなくては、かなり、危機的状態です。

2009年4月11日朝日新聞によると


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


高校生4割、習慣病の予備軍 テレビの時間と血圧関係

 高校生の4割超が、高血圧や高中性脂肪、高血糖など何らかの基準値を超え、生活習慣病予備軍になっていることが、厚生労働省研究班の調査でわかった。テレビの視聴時間が長かったり、朝食を抜いたりする生徒は、値がより悪かった。

 千葉、富山、鹿児島の3県の高校生男女1500人を対象に06〜08年度、身長や体重、血圧、血液、生活習慣などを調べた。うち、1257人から中性脂肪や空腹時血糖、空腹時インスリン、尿酸、善玉コレステロールなどのデータを得た。これほどの大規模調査は初めて。

 これまで、思春期の生活習慣病の基準値はなく、研究班で成人の値を参考に基準を作った。各項目で値の悪い方から1割を高血圧症、高中性脂肪などの「生活習慣病」と定義。30代以降に重い生活習慣病になるのを防ぐため、成人の値より厳しめになった。

 その結果、内臓肥満、高血圧、高中性脂肪、低善玉コレステロール血症、空腹時高血糖の五つで、男子の44%が一つ以上で基準値を超え、三つ以上超えた人も5%いた。女子では一つ以上が42%、三つ以上も3%いた。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


これをグラフで表すと、

   高校生の生活習慣病調査


この調査で傾向としてみられるのは、

1.テレビの視聴時間が長いほど血圧や血糖の値が悪かったこと。

2.男子では朝食を食べない生徒ほど内臓肥満になりやすかったこと。

3.母親の体格指数(BMI)が高い生徒の内臓肥満度も高かったこと。


そこで、調査班の提言として、

(1)運動系部活への参加か、休日に60分以上の運動

(2)テレビの視聴時間は平日50分以内、休日100分以内

(3)朝食を毎日とる

(4)腹囲が80センチを超えたら、医師に相談、など。

あなたのお子さんは大丈夫ですか?


高校生でこの値ですから、その根源はもっと以前、
幼少期頃からの生活習慣や食生活にあるようですね。


家族全体で生活習慣、食生活の見直し・・・必要ですね!!

中性脂肪とコレステロール
中性脂肪減らす対策と予防
中性脂肪とストレスの悪影響
中性脂肪とダイエット
中性脂肪チェックリスト


★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★★



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.