「緑のカーテン」でエコ効果!

スポンサードリンク

 


「緑のカーテン」とは日当たりの良い南側や西日の当たる西側の窓やベランダに、夏の間の日ざしをさえぎるため、つる性の植物をはわせるものです。



エコ効果があって、緑色の見た目にも美しいし、リラックスできると人気ですね。


5月が苗を植え付けるのに適した時期です。ゴールデンウィークに家族で挑戦しませんか?


gooヘルスケア「夏に向けて“緑のカーテン”を育てよう」から引用

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

★緑のカーテンの効果


(1)直射日光をさえぎり、夏の強い日ざしをやわらげる。

(2)物質に吸収されて温度を上昇させる赤外線を反射し、また、葉の表面の気孔から水分が蒸散することで周囲の温度を下げる。この点、加工品のカーテンやブラインドなどは日光が当たり続けていると熱くなり、それ自体が熱を放射するようになってしまう。

(3)上記の効果でエアコンの使用を20〜30%抑えることができ、CO2(二酸化炭素)の削減にも貢献できる。

(4)植物を育て、花を咲かせる楽しみや、実を収穫する喜びのほか、緑の柔らかい光は目にやさしいなどの作用をもたらす。


★緑のカーテンに適した植物


1.収穫が期待できる

ニガウリ(ゴーヤー)ヘチマ、キュウリ、ヒョウタン、ツルムラサキなど

2.花を楽しむ

アサガオ、ヨルガオ、フウセンカズラなど。


成長するまで1〜2ヶ月かかるので今から準備しましょう。

緑のカーテンに必要なネットやプランターなどの道具や苗はホームセンターなどに売っています。


ニガウリ(ゴーヤ)の育て方


   夏に向けて“緑のカーテン”を育てよう


  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ クリックすると拡大されます。


★★




スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.