お酒に弱いのに飲酒・喫煙していると食道がんに?!

スポンサードリンク

 

先日、歌手の忌野清志郎さんが喉頭がんの再発によるがん性リンパ管症で、
作曲家の三木たかしさんが下咽頭がんで相次いでお亡くなりになりました。


咽頭や喉頭は外部からの刺激を受けやすい部位のため、
飲酒や喫煙が引き金で発症することが多いことが知られています。


あなたはお酒に強いですか?弱いですか?


もし、あなたが飲むとすぐ顔が赤くなるというお酒に弱い体質で、
飲酒、喫煙していたら、食道がんの危険性も大かも・・・・


2009年5月14日 読売新聞 によると


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


お酒に弱いのに飲酒・喫煙…食道がんリスク190倍に


 顔がすぐに赤くなるお酒に弱い体質の人が飲酒と喫煙をすると、食道がんになるリスクが、飲酒も喫煙もしない人に比べ、最大190倍も高くなることが、東京大学の中村祐輔教授と松田浩一助教の研究でわかった。

 同じ体質の人でも、飲酒・喫煙をしないと、リスクは7倍程度に下がった。体質を理解して生活習慣に気を配ることで、予防したり、早期発見したりできると期待される。

 研究チームは、食道がんの患者1070人と健常者2832人で、約55万か所の遺伝情報の違いを比較。発がん性が指摘されているアセトアルデヒドをアルコールから作る酵素と、アセトアルデヒドを分解する酵素の二つが、食道がんのリスクに関連していることを突き止めた。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


アセトアルデヒドというのはお酒で気分が悪くなる原因物質で、
これはたばこの煙にも含まれていて、発ガン性があります。

お酒を飲んで顔が赤くなるのは、アセトアルデヒドの分解能力が弱いためで、
日本人の4割がこのタイプだそうです。

アセトアルデヒドを作る働きが弱いと、気分が悪くなる前に、
ついつい余分に飲んでアセトアルデヒドが増えることに。


お酒に弱く二つの酵素の働きが弱い人が、1日缶ビール1本以上の飲酒と喫煙をすると、相乗効果が働くため、お酒に強く飲酒・喫煙をしない人に比べ、食道がんのリスクがなんと190倍も高くなるんだそう!


もし、あなたがお酒に弱いのなら、咽頭、喉頭、食道がんのリスクを下げるためにも、禁酒、禁煙を心がけましょう。

★★★★★
★★★★
★★★★


スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.