紫外線対策 サングラスの効果

スポンサードリンク

 


夏は太陽がギラギラ!とてもまぶしいですね。

しかし、紫外線量は5月くらいから急激に増加しています。
今日のあなたの地方の紫外線情報は、気象庁から発表されています。

  紫外線情報(気象庁)
  

外出前にはチェックしてみましょう!!

紫外線の害


紫外線は人体に有害な悪影響を及ぼすとされ、よく知られているのが、
しみ・しわ、皮膚がんといった皮膚のトラブルです。

そのために顔だけでなく、腕や手にも日焼け止めを塗って防御しますよね。


ところが、紫外線は皮膚だけでなく、目にも悪影響を与えてさまざまなトラブルを引き起こします。


1.雪眼炎(雪目)


雪山などで目を防護していないと、一時的に角膜の炎症を起こし、目が痛くて開けられなくなる症状


目に入った紫外線の大部分はまず角膜で吸収されます。すると、角膜の細胞に活性酸素が発生し細胞を傷つけてしまうのです。


2.皮質白内障


目の水晶体がにごって視力が低下する病気。


角膜で吸収されなかった残りの紫外線は水晶体で吸収されます。紫外線のB波(UVB)はタンパク質を破壊するため、紫外線が目に入るとたんぱく質でできている水晶体の線維が破壊されてしまい、白く濁ってしまいます。卵の白身に熱を加えると白くなる性質と同じと考えるとよくわかりますね。


3.メラニン色素の増加


目から入った紫外線は、目の細胞を傷つけるたけでなく、その刺激で、脳はメラニン色素を作るよう指令を出します。

メラニン色素は肌を黒くする原因となりますので、肌をいくら洋服や日焼け止めで防御していても、目の紫外線対策していないとだめなのです。


サングラスの選び方


紫外線による目のトラブルを防ぐためにも、紫外線量の多い時期は、サングラスで目を保護しましょう。


サングラスを思い浮かべると、黒や濃い色をイメージしますが、サングラスは濃い色だと瞳孔が開いて、かえって紫外線の影響を受けてしまいます。
UVカット仕様の薄い色のものを選ぶことが大切です。


また、面積の狭いレンズやレンズと顔の間の隙間が空いているサングラスでは、光の防御効果が低いのです。


サングラスを選ぶときには、実際にかけてみて、目の全体が覆われる幅の広いものや顔の形にフィットするようなサングラスを選びましょう。


★★★★★
★★★★
★★★★★
★★★★★



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.