梅雨の体調管理

スポンサードリンク

 


今年の梅雨は四国は渇水状態で雨が恋しいですが、
関東などでは大雨とのこと。ほんと気まぐれな天気で困ります。


一般的に梅雨はじめじめして蒸し暑く、体調を崩しやすい季節です。
人によっては、足腰や関節が痛んだり、頭痛、憂うつな気分になる人が多くなりますね。


そこで、この梅雨の時期を快適に過ごすアイディアを紹介します。


2009年6月16日 読売新聞によると、

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

体を温め体調管理


「雨が降ると古傷が痛む」「憂うつな気分になる」こういった訴えを聞くことが多い。


骨折後の慢性痛に悩む患者に、梅雨時の気圧や気温を再現する部屋に入ってもらうと、気圧が下がり始めた直後に痛みがひどくなった。下がりきると痛みは和らいだが、気圧が上がり始めるとまた痛んだ。

同様の現象は関節炎や神経障害、うつ症状でも現れることが、ラットの実験で確認されている。「痛みが強まるのは内耳が気圧変化を感知し、自律神経のバランスが崩れて交感神経が興奮するため」


梅雨時は寒暖の差が激しかったり、空調によって室内が冷えすぎたりすることも多い。佐藤さんは「寒くなると痛みは悪化する。体を温めるように」とアドバイス。

続きは
  体を温め体調管理

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


体調を崩す原因は気圧の変化で自律神経のバランスが崩れて、交感神経が興奮するためだったんですね。

私も雨が降り出す前に、関節が重く感じるのでよくわかります。


体温を上げる方法


1.体温を上げるためには、朝食が欠かせない。

梅雨の時期は消化器官が弱りやすいので、パンよりも脂質の少ないごはんのほうが良い
ナスやトウモロコシは体を冷やすので、梅雨明けまでは火を通してから食べる。


2.入浴で自律神経のバランスを整える

入浴が効果的。37〜40度のぬるめのお湯に入るとリラックスできる。

みぞおちから下だけつかる半身浴を20分以上
忙しい時は5分間、肩まで入ると血行が良くなる

薄荷湯(はっかゆ)は体が温まり、湯上がりの発汗を抑える。
  

★★★★
★★★★★
★★★★★


これらの本によると、体温が1℃下がると免疫力が30%も低下するそうですよ。

私は、冷えると股関節が痛むので、夏でも遠赤外線のマットを常用して暖めています。

★★★★★


毎日の気圧の変化をチェックしましょう!

そして、体を温めてこの梅雨から夏を健康に乗り越えましょう!!




スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.