エアコンの「冷房」と「除湿」の上手な使い方

スポンサードリンク

 

最近、じめじめとして蒸し暑い毎日が続いています。
こんな時、湿気をとってさわやかにしたいですよね。


そこで、除湿対策としていろいろあると思いますが、
東京電力が実施したアンケートによると、


エアコンの「冷房」と「除湿」の上手な使い方


梅雨時や夏場のジメジメする時、除湿を行っている方は60%で、
除湿方法の1位は「エアコン(45%)」でした。

そのうち、

「除湿」モードと「冷房」モードを使い分けている方は約半数で、
ジメジメ蒸し暑い時は約60%が「除湿」モードを選択。

その理由として、

●除湿の方が湿気がとれると思うから 
●除湿の方が冷えすぎないから

が多かったのですが、

「ほとんど除湿モードにしている」方は、「モードを使い分ける」方に比べて

●電気代が安いから(32.8%)
●冷房は湿気がとれないから(22.4%)

除湿モードを使っていると回答した割合が高くでました。

そこで、質問です!!


あなたは、「除湿」と「冷房」どちらが除湿量が多いと思いますか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

答えは、「冷房」


除湿をするには、空気を冷やす必要があります。
しかし、空気をより冷やした方が、空気中の水分量が減る、つまり除湿量が多いのです。


空気を冷やして除湿を行うという意味では「除湿」と「冷房」は同じしくみですが、

エアコンは、

冷房モード・・・空気の温度と湿度を大きく下げる
除湿モード・・・空気の温度をできるだけ下げないで湿度を下げる

と設定されているため、「冷房」の方が、除湿量が多いことになります。


●部屋の温度と湿度を素早く下げたいときには、まず、「冷房」
●温度と湿度がある程度下がったら設定温度を下げたり「除湿」に切り替える
●扇風機を併用して冷気を循環させる  など・・・


これらが、除湿だけでなく省エネにも効果があるようです。


★★★★★
★★★★
★★★★
★★★★


ただし、各家庭でお使いのエアコンのメーカーやグレードによって、
冷房モード、除湿モードの設定が違うことがあります。


冷房モード、除湿モードの上手な使い分けは、
お使いのエアコンの取扱説明書をよく読んで、実施してくださいね。

除湿だけが目的なら、除湿器を使うのもいいですね。
持ち運びができるので、便利です。


★★★★
★★★★★
★★★★
★★★★★



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.