ぽっこりお腹を引き締めるには?

スポンサードリンク

 

痩せていても、おなかがぽっこり!と出ている人は多いもの。


わたしの夫もやせ形なのですが、最近、下腹のぽっこりが目立ってきました。
でも、ぽっこりお腹は上体おこしの腹筋運動をしてもなかなか改善されないのです。


ぽっこりお腹なかをへこますには、腹横筋の強化が効果的!


腹横筋の強化


腹横筋は腹部の一番深い部分の筋肉で、内臓の入った腹腔を脇からコルセットのように引き締めているのですが、この筋肉が衰えると下腹がポッコリ出る原因になります。


そこで、この腹横筋を効果的に鍛える方法を紹介します。


2009年8月26日 読売新聞によると

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

東大教授、石井直方さん(身体運動科学)が勧めるのが「ドローイン(Draw‐in)」という動作だ。

英語で「内側へ引く」という意味。きついズボンをはこうとして、腹をへこます動きと同じだ。呼吸は止めない。「簡単な動きだが、これで『腹横筋』が緊張し、強化される」と石井さん。

最初は1回に30秒間ぐらいを目安に、腹をへこました状態を保つ。慣れたら、時間を延ばしたり、回数を増やしたりして、より強化を図る。

上体起こしよりも手軽で、場所も選ばないのが利点。変化が自覚できるよう、毎日、腹囲を記録した方がよい。

横浜の健康運動指導士、植森美緒さんらが今年、20〜40歳代の男性12人を対象に行った実験では、1か月間、ドローインを取り入れて生活すると、腹囲が平均4・3センチ減少(最大11・3センチ、最小0・3センチ)したという。「少人数なので平均的な効果の検証とは言えないが、多くの人で腹囲減少につながることは間違いない」と石井さんも話す。

植森美緒さんの美へそダイエットは大人気!


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


記者(39)が1か月間、電車で移動中などに心掛けたところ、腹囲が88センチから85センチへ、3センチ減少したとのこと!!

この方法は普段あまり意識しない腹横筋などを鍛えることは腰痛予防や姿勢改善にも効果的というから一石三鳥かも?!


あなたも一緒に今日から「ドローイン」を始めて、ぽっこりお腹とおさらばしましょう!





スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.