夏のバーベキューに注意!屋外での食中毒予防

スポンサードリンク

 


夏休みはキャンプやハイキングといったアウトドアシーズン

山や海に出かけるだけでなく、近場でのバーベキューも盛ん。
でも、夏のアウトドアは食中毒の集団発生が怖い!特に注意しよう。

食中毒の原因は病原性の微生物なのだが、
高温多湿の日本の夏は微生物の増殖に適した環境なのだ。

特に注意したい細菌は、腸管出血性大腸菌(O-157やO-111など)
これまでも集団発生してニュースになっている。

これらの細菌は人の腸に入ると腸管壁に付着して、有害なベロ毒素を作り出す。
この毒素によって嘔吐や下痢などの症状が出るのだ。

この腸管出血性大腸菌が血管の中に入ってしまうと更に危険!!
溶血性尿毒素症候群を発症する場合がある。

これは、腎臓で毛細血管内皮細胞や赤血球の破壊、溶血を起こし
急性腎不全となって体内の老廃物を排泄できなくなってしまうのだ。

ウシやヒツジには無害な細菌なので、バーベキュー用の肉に付いている場合がある。
生肉を取り扱う場合には、細菌を繁殖ささないように気をつけなければならない。


【食中毒の予防法】

1.手や調理する器具は、洗剤や石鹸でしっかり洗う

アルコール消毒などで清潔に保つことも大切。

2.生の食品と加熱済みの食品とを分ける

生の肉や魚には細菌が付着している場合があるので、箸や包丁など調理器具は分ける
購入や持ち運びの時から分けておくと良い

3.しっかりと加熱する

肉や魚介類はしっかりと過熱すること。
肉汁などが透明になってから1分以上が加熱の目安。
汁物の時には沸騰するまで過熱する。

4.保冷に気をつける

細菌の繁殖を抑えるには安全な温度に保つことが大切。作りおきはしない。
保冷バックや冷却剤を使ってクーラーなどで冷却保存する。5℃以下が理想

5.消費期限を必ず守り、安全な食材と水を使う

なるべく新鮮な食材と清潔な水を使うこと。

6.縁日や屋台で買った食品も気をつけよう

買ったものはその場ですぐ食べること。店は衛生管理ができているところを選ぼう。



【食中毒になってしまった時の対処法】

嘔吐や下痢など細菌性の食中毒になってしまった時には抗生物質が効果がある。
抗生物質は細菌の細胞壁を破壊するので、増殖を抑えるからだ。

しかし抗生物質が効かない細菌もあるので、医師の処方に従うこと。
以前に処方された抗生物質が残っていても自己判断での内服は絶対にしないこと。



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.