【駆け込みドクター!】アルツハイマー病!家庭で出来るチェック法・予防法

スポンサードリンク

 

アルツハイマー病!家庭で出来るチェック法・予防法【駆け込みドクター!】

高齢化社会で問題になっているのが、認知症。

認知症患者数は予備軍をふくめると、なんと約800万人も!!
原因となる病気は70種類以上もあるのだが、
その6割以上がアルツハイマー病なのだ。

2014年12月7日 駆け込みドクター!では、
家庭で出来るチェック法や正しい予防法と介護法を紹介


●家庭で出来る!アルツハイマー病の前兆チェック法 

親指と小指同士はつけたままで、親指と小指をつけ替える。


アルツハイマー病の初期症状の特長は回転が苦手
その原因は、視空間認知機能(身体と周囲の位置関係を理解する脳の働き)の低下

・ドアノブを回せない
・瓶やペットボトルのフタを回せない
・ネクタイを締められない
・靴ひもを結べない など

高齢者の高速道路逆走も、空間認知機能の低下で標識を見落すのが原因


●アルツハイマー病とは

認知症は脳の機能が失われて社会生活に支障が出る症状の総称

アルツハイマー病は脳の機能が失われる原因が
脳神経細胞が破壊されて脳が萎縮するから

●アルツハイマー病の症状

大きく分けて2種類ある

1.中核症状は(認知症で必ず現れる症状)

記憶障がい・・直前のことを覚えられない
見当識障がい・・場所が日時がわからなくなる、
実行機能障がい・・日常的な簡単な行為が出来なくなる

2.周辺症状(BPSD公道・心理症状)

暴力・暴言、妄想、徘徊、不潔行動、過食、介護への抵抗など
これの症状は、必ずしも現れるわけではない

症状の中で、一番気づきやすいのは物忘れ

酒を飲んで記憶を忘れる習慣があると、将来の認知症リスクを高める
物盗られ妄想は、一番身近な人が非難の対象になる場合が多い

●脳の萎縮の原因は、タンパク質の異常蓄積

1.タンパク質異常蓄積の成分のタウ(脳が萎縮する原因)
2.タンパク質のアミロイドベータ(アルツハイマー病の原因とかんがえられる)

ただし、アミロイドベータがたまっても認知症にならない人もいる


●最新の徘徊対策グッズ

認知症患者の徘徊が問題になっているが、
GPS通信機が付いている「GPシューズ」

靴の中にGPS通信機が埋め込まれていて
スマートフォンアプリと連動し位置情報を確認


●カレーに認知症予防の可能性

インドの認知症の発症率はアメリカの4分の1

カレーの成分ウコンの中に含まれるクルクミンに
アルツハイマー病の病変が進まないようにする作用がある


●認知予備力を高めるポイント


認知症予防には頭を使って適度に運動をすることが大切。

認知予備力を高めるには、人との関わりがポイント

ウォーキングよりもゴルフ、クロスワードパズルよりもババ抜き
テニス・社交ダンス・囲碁・麻雀など人と関わる趣味を持つこと

●簡単に認知予備力を上げる方法

後出しジャンケン

後出しでわざと負けるじゃんけんをすると、脳が活性化する


●アルツハイマー病の介護法

介護している人間が全部を背負うのではない
外から介護スタッフを呼び、援助してもらう

他の人と接することで要介護度が下がることもがある



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.