心地よく眠れる快眠ストレッチとは? 快眠の秘訣

スポンサードリンク

 

眠れなくて困っていませんか?

この1カ月間で、眠れなかった人は、なんと2人に1人!という
厚生労働省の「2011年国民健康・栄養調査報告があります。

この眠れない原因に、目を覚ましてしまうホルモンがあります。


12月8日 モーニングバード、アカデミヨシズミのコーナーで
どうすれば心地よく眠れるの? 快眠の秘訣! 最新研究を紹介

RESM新横浜 白濱龍太郎医学博士が眠りについて説明。


眠れない症状の種類


眠れない状態によって分類すると、

1.入眠困難・・1週間に2回以上30分や1時間寝付けない

2.中途覚醒・・一晩に4、5回目が覚める

3.早朝覚醒・・早朝に目覚め眠れなくなる

4.熟眠障害・・眠りが浅くたくさん寝ても寝足りない


これらの症状が週に2度以上、1カ月以上継続した場合
「不眠症」の疑いがあるということになる。


睡眠に関連するホルモン


睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されると眠くなる。

しかし、オレキシンというホルモンが、睡眠前や睡眠中に過度に分泌されると眠りが妨げられることがわかってきた

眠れなくなるのは、オレキシンがメラトニンを上回る働きをするからなのだ。


オレキシンを活性化させる原因

1.光の刺激

パソコンやスマホなどの光の刺激でメラトニンが弱まりオレキシンが活性化。

2.寝る前の熱い風呂

眠る1時間以内に、41℃以上の熱い風呂に入る

3.激しい運動


4.お酒の飲み過ぎ


あおでこを冷やすと眠りに入りやすい


冷たいタオルをおでこに乗せるのが効果的

睡眠時は脳の温度が低くなっているので、寝る前におでこを冷やすことで
スムーズに眠りを誘う助けになる。


快眠ストレッチで体内の熱を放出


快眠ストレッチは寝る30分くらい前にすると効果がある

1.仰向けに寝る

2.手を握り、つま先を手前に向けた状態で5秒を数える

3.手を開き、つま先を伸ばした状態で5秒数える、

4.これを5回行う。

このストレッチをすることで手のひらや足の裏から熱が放出される

その結果、脳の温度も下がるので、眠ることができるというわけだ。



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.