無症候性心筋虚血!糖尿病は要注意!感覚機能の衰え

スポンサードリンク

 


冬!寒い季節には温かいお風呂であたたまるのが一番ですよね!

高齢者は熱いお風呂が大好きな方が多いです
これは感覚機能が衰えている証拠!皮膚から熱さを感じにくくなっているのです。

感覚機能の低下は怖い病気のサインを見過ごすことになるので注意が必要です。


12月9日、たけしの家庭の医学
原因が判明!冬に増える身体の不調解消SP では、

感覚機能の衰えで心筋梗塞に気づけない 無症候性心筋虚血を紹介


感覚機能の低下

感覚機能は人間の持っている感覚のこと、
この機能は加齢でずんずん鈍くなっていくため、風呂が熱くても気にならない

感覚機能が衰えると、痛みも感じにくくなるので怖い病気に気づけないことも!!


無症候性心筋虚血

本来、痛みを伴う心筋梗塞だが、感覚機能の衰えで痛みを感じない
原因は加齢によるもので、高齢者に多い

心臓が動脈硬化で血流が悪くなり、神経に栄養が行き届かないので感覚機能が低下。
心臓の一部が壊死を起こして、さらに血流が滞り肺にも血が滞るようになると息苦しくなる

痛みを感じない心筋梗塞や狭心症は患者の中で3分の1
痛みがないと病気の徴候を発見しづらく、死亡率は3倍になる

糖尿病が神経の機能を低下

糖尿病になっても、感覚機能の低下が起こる。

糖尿病は自覚症状があまりないため、放置することが多い
糖尿病が進むと、合併症として神経の機能を衰えさせることに

糖尿病の人は感覚機能の低下に注意が必要。

定期的に血液検査を受け、糖尿病の治療を受けることが大切。



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.