便漏れ、便失禁の原因と治療法

スポンサードリンク

 


オナラが出やすい
便もれすることがある

高齢者だけでなく、中年や若い人も悩んでいる人が多いとか

おならや便もれなど、お尻の悩みはなかなか人に相談できないもの。
そのまま放っておくと、深刻な「便失禁」になる可能性があるかも!!

12月10日 ためしてガッテン 便もれ500万人の衝撃 まさか私が予備軍SP

人にはなかなか聞けないお尻の穴の悩みを徹底解説!
加齢によるものだけでなく、若者や中年にも肛門の異変がおきているようだ。


●便漏れに関するアンケート

番組では2774人を対象に便漏れに関するアンケートを実施
なんと!9人に1人が便漏れを体験という結果がでた。

しかし、皆が誰にも相談できないでいることがわかった。


●肛門内のメカニズム

直腸に便が溜まると、周りの筋肉が反射的に緩む。
そのため外側にある外肛門括約筋が閉める役割を果たす。
センサーが便とおならを判別し脳へ伝達する仕組み

これらの連係がうまくいけば、便漏れ、便失禁は起きない


●便漏れを起こす原因

1.加齢によるもの

加齢によりセンサーと筋肉は衰えるので便漏れを起こしやすくなる

2.出産によるもの

便失禁に悩む人の7〜8割が女性
女性が便失禁を起こす原因の多くが出産によるもの

難産の場合に起きやすい
出産の時に会陰が裂けて、肛門にまで及ぶと肛門括約筋が切れて肛門の筋力が低下
便が漏れやすくなってしまう

出産から何十年もたってからでも、筋肉が衰え損傷の影響が現れる事もあるそうだ。

肛門括約筋の損傷は手術で治せる。

肛門科を受診し、30〜1時間くらいの手術時間
術後は数日で退院できるとのこと


加齢が原因の便失禁 の治療法


1.薬 ポリカルボフィルカルシウム

高齢者の便失禁は、便が緩くなる「漏出性便失禁」
便をゲル状に固める働きがあるので、高齢者の便漏れに効果的

一般的に過敏性腸症候群の治療薬として用いられ、便秘にも効く


2.バイオフィードバック療法

肛門にセンサーを入れながら、上手に肛門括約筋を締める訓練のこと
数ヶ月行うことで改善する

3.仙骨神経刺激療法

微弱な電流を流すことで神経を刺激、
肛門括約筋やセンサーの働きを高める治療法

肛門周辺の訓練を行うことで便漏れは改善されていく

今年の4月から保険適用になった。

便漏れ、便失禁のあるひとは、1人で悩んでいないで
肛門科の医師の相談するとよい





スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.